男性用と女性用 洗顔フォームの違いはここ

主人が時々「洗顔フォーム貸して」と言ってくることがあります。自分のを使い終えてしまった時や気分を変えたいときなどに、私の洗顔フォームを使うようです。こんなふうに洗顔フォームを貸していて思うのですが、男性用と女性用の違いはどこにあるのでしょうか。ちょっと調べてみました。

男性用と女性用、どちらも洗顔で汚れを落とすものですが、肌質の違いによって目的が分かれています。男性の肌の特徴は、皮脂の分泌量が多い点です。年齢を重ねても分泌量が減ることはありませんので、余分な皮脂を落とすことが清潔な肌につながると考えられています。そんなわけで、男性用の洗顔フォームは汚れや皮脂をしっかり落とせるように洗浄力が強いのが特徴です。

女性の肌の特徴は、年齢と共に皮脂量が減っていきます。これが乾燥やシワなどの原因です。そして化粧をするので、洗顔前にクレンジングをしますよね。だから、女性用の洗顔フォームには保湿力の高い成分が多く含まれている傾向があります。皮脂量が少ない上にクレンジングで皮脂が洗い流されるので、洗顔では皮脂を取らないほうが望ましいと言えます。

ということは、男性が女性用を使うと皮脂が落としきれず、女性が男性用を使うと皮脂の落としすぎで乾燥することになるでしょうか。個人の肌質にもよりますが、男性は男性用を、女性は女性用を使うのがよさそうです。しかし、例外もあります。

以前、私は主人に洗顔フォームをプレゼントしたことがあります。乾燥肌で悩んでいたので、なんとかできないかと思ったのがきっかけでした。私が化粧品を買っているサロンでは、男性用化粧品も扱っていますが、そこですすめられたのは女性用の洗顔フォームでした。ドラッグストアで手に入る男性用の洗顔フォームがいけないというわけではありませんが、主人には刺激が強すぎるのではないかとサロンの人は言いました。

男性用の洗顔フォームは、皮脂をしっかり落とすために強い洗浄成分で作られています。また、スクラブが入っていたり、洗い上がりがすっきりするメントールが配合されたりするものも多く売られています。乾燥肌や敏感肌の男性にとっては、これが刺激になることもあるようです。洗顔で皮脂を取りすぎてしまって乾燥につながるケースやスクラブやメントールが刺激になって、肌を傷めてしまうケースもあるようです。

そこで主人にすすめてくれたのが、女性用の洗顔フォームです。男性用と違って女性用は、保湿を考えて作られているからです。美白やアンチエイジングのような何かに特化したものではなく、シンプルで安価なさっぱりタイプでした。適度に皮脂を落としつつ、それなりの保湿ができるものをということで選んでくれました。

肌の乾燥が気になる、敏感肌だと思う男性は、洗顔フォームを見直してみてはいかがでしょうか。主人のように女性用を利用する方法もありますが、保湿もしっかりできる男性用洗顔フォームも売られています。自分の肌質に合うものを見つけられると良いですね。

コラーゲン、すっぽん、ツバメの巣をまとめて食べたい人はこちら